どのぐら必要かご存知?

二重整形は費用をアンダースタンディング|情報やりくりクリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加

美を作り出す手法

施術前

埋没法はものの15分、全切開法でも30分程度で手術は終わる。二重になるにはこんなにも短い時間を割くだけで良いのであるから、迷っている時間が勿体無いといえる。コンプレックスを持ち続けていると精神的にも参ってきてしまう。気にしなければ良いという話でもなく、一度気になってしまうとそれを治すのには相当な根気が必要となる。根本的に悩みをなくしてしまえば悩みはすぐに消え去る。悩む時間が長かった人ほどそれから開放された瞬間に得られる気分の昇華は相当なものである。
なぜ埋没法がこれほど短時間で、しかも費用も安く受けることができる二重まぶた整形なのかというと、手術がごく簡単であることが関係している。皮膚にかかる負担も少ないので、初めてまぶたの施術をしようとするときに推奨されているタイプの手術である。要するにまぶたの皮膚が折れ曲がる地点を作れば良いのであるから、そこを糸で留めれば良いのである。糸で止める箇所は一箇所でも二箇所でも良いが、少ないほど費用は安く済む。留めた箇所が外から見えることもない整形手術なので、自然なぱっちりまぶたを手に入れることができるのである。

一重である以上に目が小さいことで悩んでいる人は埋没法よりは目頭切開法を利用した方が良い。プチ整形で行なう施術では、単に目の上にシワを作り出すことが目的であった。目の上に一本線が入るだけで目の印象は強くなるが、目の大きさ自体が大きくなることはない。そのため、目を大きくしたいのであれば、目頭の蒙古襞とよばれる部分を切開し、目を物理的に大きくするという方法を取るのである。この整形にかかる費用は六万円程度と、埋没法よりも高い値段になる。皮膚を切ることになるので、当然ダウンタイムも発生することになり、手術の期間は学校や仕事を休む必要も出てくるかもしれない。

切開法とはなにかというと、腫れぼったいまぶたをもつ人に適した手術である。腫れぼったいまぶたをしている人には埋没法は向かないことから、この施術が推奨されている。埋没法は皮膚を糸で1~2箇所止めるという手法であるが、これでは厚いまぶたには対応できないのである。全切開法はまぶたにある脂肪を脱脂し、厚みを薄くしてから二重のラインを作るものである。まぶた全体を切って縫合することで折り重なる部分をつくっていくので、大掛かりな手術となる。当然費用も高くなり、約10万円は両目で見ていた方が良い。しかし、目の印象を別人のように変えることができるということから、厚ぼったいまぶたに悩んでいる人の救世主となる二重手術法なのである。

埋没法はダウンタイムが無いので、コンタクトもすぐに装着することができる。しかし、切開法はできることに制限が出てくるので注意が必要である。施術後しばらくして抜糸を行わなければならないので、なるべく自宅から通いやすいような環境を作り出す必要がある。もちろん傷口をこすったりしてしまえば炎症が起こることもあるのでそれは注意してもらいたい。